So-net無料ブログ作成
検索選択

十三夜 [┣小ネタ(in FF)]

本日10/9は「十三夜」。
先月の「十五夜」の対になる日で、十五夜を見た後に十三夜をやらない事を「片月見」と言い、忌み嫌われています。
管理人の地域は残念なことに雨ですが、スコバツ夫婦は綺麗な月を見ている、ってことにしておいて下さい。



5「栗ご飯に栗の渋皮煮、モンブランに茶巾絞りの栗きんと~ん♪」
8「……(栗だらけ、だな)」←ちょっと引いている。
5「たくさん作ったから、たっぷり食べろよ♪」
8「…………あ、ああ」←引いている。
5「? 嫌いか?」
8「……いや、嫌いでは、……ないが……」
5「十三夜は栗か豆を供えるから、栗を大人買いして頑張ったんだけどな」
8「……(『大人買い』の使い方が違うと思うが……)」
5「栗の下処理、大変だったんだぞ」
8「そうだろうな……この量じゃ……」
5「意外に力仕事だし、爪は汚れるしさあ」
8「ああ、その努力の結果はしっかりと胃に収めよう」(力こぶ)
5「いや、今日食わなきゃいけないのは生のモンブランくらいだから、あとは苦しかったら手をつけなくていいぞ?」
8「……? 全部食えというアピールだったんじゃないのか?」
5「冗談、あーいや……半分は本気だったかも」
8「……は?」
5「おれがこんなに苦労したのに、栗尽くしを見た瞬間にうんざりした表情したろ?」
8「……す、すまない」
5「だからちょっと、意地悪してみたかっただけだ」
8「すまない、……おまえの苦労を踏みにじったわけじゃないんだが……」
5「もういいって! おれも言い過ぎた! ごめん!!」
8「ああいや、すまなかった」
5「縁起物だから、一口だけでも食ってくれればいいから」
8「いや、出来る限り美味しくいただこうと思う」(力こぶアゲイン)
5「メインは月見だぞ?」
8「あ、ああ、……そうだったな」
5「おまえ、素で忘れてたろ?」



8「……うん、旨いな」
5「食ってくれるのは嬉しいけど、メインは月見だぞ?」
8「ああ、分かってる。……多分」
5「も~仕方ないな~、じゃあおれが月見の余興してやるから、しっかり月を見てろよ」
8「余興?」
5「吟遊詩人マスターの力量を見せてあげよう」⇒リュート
8「それは楽しみだな」
5「月が奏でる恋の歌だ」
8「……恋?」


太陽は月に恋い焦がれて。
あの月の、なんと上品な真珠の輝き。

月は太陽に恋い焦がれて。
激しく熱く、身を焦がすようなまばゆさ。

しかし。
太陽も月も、想いを遂げるどころか、お互いに近付くことすらできない。

太陽は思い悩む。
自分が近付いたら、月は焼け死んでしまうだろう。
それほどまでに、この身を取り巻く炎は熱い。

月は思い悩む。
自分はあの太陽に引き寄せられた、第三惑星のたかが衛星。
太陽に相応しいものなど、何も持ち得ない。

第三惑星の周りを、決まった速度で回り続けることが、自分に課せられた定め。
それ以上など、望むべくも無い。
想いだけを胸に抱き続ける。
……遥かに遠い輝きよ。


5「……」
8「……それから?」
5「お終い」
8「途中じゃないのか?」
5「うん、途中かも知れない。旅の途中に土地の人から教わったんで、本当は続きがあるのかもな」
8「最後まで聴いてみたい」
5「どこで教わったかも、覚えてないんだ」
8「そうか、……残念だ」
5「ん~じゃあさ、勝手に続きを作ってみるか?」
8「もし、おまえが作るなら――」
5「……ん?」
8「どういう結果にするのだろうな」
5「逆におまえは、どんなエンディングがいいんだ?」
8「…………それは……(やはり紆余曲折の末に、身を焦がすハッピーエンドだろうか……)」
5「おまえ、ロマンティストだもんなあ」
8「……///」
5「言っとくけど、褒め言葉だぞ」
8「……ああ」
5「じゃあ、次に月を見る時までに、吟遊詩人にジョブチェンジして頑張ってみようか」
8「……」
5「ん? どした?」
8「……(吟遊詩人の衣装は、ネタじゃないんだよな)」
5「おい! そこかよっ?!」
8「……栗ご飯、旨いな」
5「ごまかすな!」
8「……月が綺麗だ」
5「ま、まあな」
8「……十五夜より、十三夜の方が好きかも知れない」
5「どんなトコが?」
8「……満月に足りないところ、だろうか……」
5「おまえやっぱりロマンティストだよなあ」
8「…………///」
5「そういうトコも好きだけどな!」

オチ無し。
月見も、二人で並んでだらだらとやっていればいいさ。
ああ、栗ご飯食べたいなあ。


共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。